〒988-0171 宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5

riasark.m@nifty.com

☎ 0226-24-1611

FAX:0226-24-1448
開館時間:9:30〜17:00
(最終入館 16:30)
休館日:月・火・祝日の翌日(土日を除く)
➡新収蔵民俗資料展 ~「あたりまえ」こそ地域の宝~

リアス・アーク美術館 代替企画展

「あたりまえ」こそ地域の宝 新収蔵民俗資料展

開催期間:令和2年11月28日(土)~12月27 日(日)まで
開館時間:9:30〜17:00(最終入館 16:30)
休館日:月・火・祝日の翌日(土日を除く)

会 場:リアス・アーク美術館 2F 圏域ギャラリー
観覧料:無料(常設展は有料となります。)

 

リアス・アーク美術館は開館当初から当地域の民俗資料を収集・保存してきました。これらの資料はひと昔前の時代を生きた人々にとっては決して珍しくない身近なモノですが、当時の「あたりまえ(=日常)」を現在、未来に伝える拠り所として、大切な地域の財産となっています。

東日本大震災が発生した2011年から9年以上の月日が経過しました。あの日、それまで「あたりまえ」と思っていた日常がいかに尊いものであったのか、改めて実感した方も少なくなかったことでしょう。そして今、新型コロナウイルス感染症の拡大により、再び多くの人が「日常」を見つめ直し、さらに「新しい日常」を生きることを求められています。この社会現象は経済活動だけでなく、これまで地域社会で「あたりまえ」に繰り返されてきた、人が集まる伝統行事や生業などの生活文化にも深刻な影響を与え続けており、今後、消えてしまう「あたりまえ」もあるかもしれません。そのような今だからこそ、我々は立ち止まり、過去・現在の「あたりまえ」を見つめ直すことで、大切なものを再確認するべきではないでしょうか。それは先の見えない状況に直面している我々にとって、心強い指針の一つとなり得るはずです。本展が、より良い地域の未来を考える機会となれば幸いです。

 

写真左:神棚と恵比寿・大黒人形 右:ホタテ養殖用のカゴ

 

※本展は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために中止となった「第5回リアス・ジュニア絵画コンクール」の代替企画展として開催するものです。周りの方との距離を保ってご鑑賞いただきますよう、ご協力お願いいたします。

 


PAGE TOP