〒988-0171 宮城県気仙沼市赤岩牧沢138-5

riasark.m@nifty.com

☎ 0226-24-1611

FAX:0226-24-1448
開館時間:9:30〜17:00
(最終入館 16:30)
休館日:月・火・祝日の翌日(土日を除く)

貸館のご案内

申込手続き

1.申込みをご希望の方は、下記に記載する「施設の利用案内」をよくお読みになり、事前に電話等でお問い合わせください。当館のスケジュールにより貸し出しの出来ない期間がありますのでご注意ください。

なお、リアス・アーク美術館管理規則により小中学校の教育課程に基づく学習活動の一環として利用する場合等には減免ができますのでご相談ください。 

営利を目的とした「催し」には貸し出ししておりませんのでご了承ください。

 

2.申請様式 

    使用許可申請書

    使用料減免申請書 各申込書は左記を開いてPDFデータをご確認の上、A4サイズで印刷して下さい(★使用許可申請書の記入例)

 

 

 

 

「施設の利用案内」

施設使用を希望する方は、以下の内容をよくお読みになってください。

 

1.使用できる施設 

1) 圏域ギャラリー(企画展中とその前後1週間を除く)

2) コモンホール(使用なければ常時)

3) ハイビジョンギャラリー(使用なければ常時)

4) 野外展示場(使用なければ常時)

5) エントランスホール(使用なければ常時)

6) その他、館長が認める場所

   ※年末、年始、メンテナンス休館を除きます。

 

2.展示できる作品

1)絵画・彫塑・写真・版画・書・映像などの美術作品やまたはそれに関する作品で、展示の際、壁面・台・床に設置可能なもの。

2)展示室出入口を通過できる外寸、容積の作品。

3)施設設備に汚損・き損を加えない作品。

4)その他、当館で展示可能と判断するもの。

 

展示できないもの

 危険物全般 / 刀剣・鉄砲等 / 臭いを発するもの

腐敗のおそれがあるもの / 裸火を使用するもの

化学変化を起こすもの / 騒音を発するもの

害虫が潜んでいるおそれのあるもの/その他、当館で展示不可能と判断するもの

 

3.使用の申請 ・ 受理

1)使用申請は規定の「施設使用許可申請書」に必要事項を記入のうえ、企画書を添付して受付へ提出していただきます。

2)原則として使用希望期間の12ヶ月から1ヶ月前までに使用責任者が来館のうえ直接申し込むこと。(書類の重複や行き違い等を避けるため)

3)受理は先着順とし、使用希望期間が重複する場合は先着優先とします。

4)使用希望施設が当館の企画事業の期間にあたる場合及び管理上使用する場合は受理できません。

 

4.使用できる日数

1)原則として1週間(5日間)を1単位としますが、場合により1日単位での使用も可能とします。

2)最大使用日数は2単位としますが、申請の内容により、館長が認めた場合はこの限りではありません。

3)展示・撤収作業に要する日も使用日数に含みます。

 

 

5.使用の許可

1)申請の受理後、内容の適正が認められた場合、「施設使用許可書」を発行し、申請者へ通知します。

2)使用時間は9:30から17:00までです。ただし、準備や後片付け等で必要と認めた場合は前後1時間に限り、時間を延長することができます。

3)観覧時間は原則として当館の開館時間(9:30~17:00 ※最終入館は16:30まで)とします。

 

6.使用者の遵守事項

※使用者は次の事項を遵守するとともに、入場者がこれを守れるように配慮すること

1)使用権利を他者に譲渡または転貸しないこと。

2)使用目的以外に使用しないこと。

3)使用許可を受けた施設以外に立ち入らないこと。

4)展示作品、その他の販売等、営利目的の行為を行わないこと。ただし、展示品に関わる展覧会図録など館長の承認を得たものはこの限りではない。

5)ポスター等の掲示、チラシ・パンフレット等の頒布については事前に当館と協議のうえ行うこと。

6)酒気帯び者及び危険物を携帯している者、または動物を伴う者、その他館内の秩序・風紀を乱すおそれがあると認められる者を入場させないこと。

7)当館の許可なく、付属設備・備品・道具等を使用または移動しないこと。

8)展示室内での飲食・喫煙はしないこと。

9)コンセントの使用は美術館の許可を得ること。

10)その他、美術館職員の指示に従うこと。

 

7.使用上の留意事項

1)搬入・搬出は協議のうえ指定された出入口を使用すること。また、その際は時間を厳守すること。

2)館内・展示室内の壁面等には当館で許可したもの以外の貼り紙等をしないこと。また、ネジ・くぎ・接着剤等を使用しないこと。

3)作品の搬入・搬出時間は原則として9:00から17:00までとする。

4)会場には必ず1人以上の看視員を配備し、作品の管理は使用者の責任において行うこと。(当館では一切の責任を負わない)また、作品解説や写真撮影の許可は使用者の判断にゆだねられる。

5)祝い花については施設管理上制約があるので館職員の指示に従うこと。

6)会期中は、1日単位で入場者数をカウントし、閉館時間までに受付へ報告すること。

7)使用期間の終了後は速やかに作品を搬出し、使用施設・設備・備品・道具類等の一切を原状に復したうえで館職員の点検を受けること。

 

8.使用できる備品

①展示用品全般 (画鋲・テープ等の消耗品を除く)

吊下ワイヤー・レールフック・展示台・その他道具類

 

②搬入・搬出、展示作業時の使用備品

脚立・台車・メジャー・水平器・吊下フック・照明設備・その他、必要な道具類